新型コロナウイルス感染防止に関する当社の対応について

平素より弊社バスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
お客様にバスを安全・安心にご利用いただけるよう、弊社では下記の新型コロナウイルス感染予防対策を行っております。

バス車内の清掃

●抗菌・抗ウイルス施工の実施(市内路線バス・定期観光バス・高速路線バス・貸切バス)

中央バスでは、市内路線バス・定期観光バス・高速路線バス・貸切バスの全車両を
対象に抗菌・抗ウイルス対策として、細菌やウイルスを不活性化させる空気触媒「セル
フィール」をお客様が手を触られる箇所(手すり・シート手すり・窓枠等)に施工し
ております。持続的に抗ウイルス効果を得ることができますので、より安心して
バスをご利用いただけます。

●バス車内の定期清掃のほか、車内の拭き取りや除菌作業を適宜実施しています。

 

バス車内の換気

●走行中の空調(エアコン)や換気装置の使用

一般路線バスは約3分で、高速バス(大型観光バス)は約5分で車内の空気が入れ替わ
ります。
また、換気装置を設置していない一部車両は、換気を促進するため窓2箇所を開放し、
通気口を設置しています。

●運行中の一部窓開けによる換気

(高速道路を運行する車両を除く)

●途中停留所停車時の前・後ドア開放換気

●待機中のドアの開放

●プラズマクラスターイオン発生機の搭載

貸切バスには1両当たり3台のプラズマクラスターイオン発生機を
車内に取り付けております。

バス車両 換気テスト(動画)

■一般路線バスの車内換気状況

一般路線バスは、換気扇使用やドアの開放により、約3分で車内の空気が入れ替わ
ります。換気扇を設置していない車両は、窓2箇所を開放し通気口設置により車内換
気を促進しています。

窓を全て閉め車内にスモークを充満させ、走行・停止・ドア開閉を繰り返し、実際のバス運行状況 を想定したテスト。車内からスモークが消失するまでの時間を計測します。

■高速バス(大型観光バス)の車内換気状況

高速バスは、空調(エアコン)の常時使用により、約5分で車内の空気が入れ替わります。

動画提供 日野自動車株式会社

マスクの着用

乗務員、観光ガイド及び窓口社員を含む全社員がマスクを着用しています。

  • 飛沫感染防止対策として、バス運転席付近に透明のビニールカーテンを設置しております。

衛生管理の徹底

業務開始前や業務中の適宜手洗い、うがい、手指消毒等の実施と職場内の衛生管理を徹底しています。

健康状態の確認

社員の健康管理(出社時の検温、体調確認等)を徹底し、またバス乗務員に対しては、バス乗務前に実施する「点呼」において、疲労、疾病等の体調の良否等、健康状態を確実に確認しています。

■バスをご利用されるお客様へのお願い

〇バス車内での「マスク着用」や「咳エチケット」にご協力をお願いします。



〇座席に余裕のある場合は、お客様同士距離を置いてご利用いただき、また車内での食事や大声での会話は極力ご遠慮願います。

〇バスをお待ちになる際、窓口にお並びの際、また待合室では、距離を保つ取り組み(「北海道ソーシャルディスタンシング」)にご協力をお願いします。