企業概要

トップメッセージ

 北海道中央バスグループは、乗合バスを中心とした旅客自動車運送、建設、清掃・警備、不動産、観光・旅行、飲食、介護福祉、公衆浴場など、地域社会に密着した各事業を展開しております。

 中核となる北海道中央バス株式会社が昭和18年(1943年)3月1日に創業して以来、現在グループ16社、バス事業にあっては“安全輸送と旅客サービスの提供”、その他の事業においても“安全・安心な商品・サービスの提供”を通じて地域社会と共に歩み貢献する企業集団として、連携し発展を図ることを、グループ経営の基本方針として歩んでまいりました。

 当社グループを取り巻く経営環境は、100年に1度とも言われる新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により、社会・経済活動が停滞し、企業収益の急速な減少や雇用環境の悪化など、極めて厳しい状況にあります。また、コロナ禍の収束期を見通せないなか、以前と同じ社会・経済状況に戻ることはないと考えており、人との接触を避けて、テレワーク等で働き方が変化する社会状況に加え、今後、国内・外の人の動きがどう変わるか、見定めることができない難しい状況です。一方、人口減少、少子高齢化が進むなか、「雇用の維持・確保」「事業の在り方」等、引き続き経営諸課題の解決が求められています。

 コロナ禍を受けて社会・経済状況が変化するなか、当社グループは、デジタル社会の進化に合わせICT技術を経営に取り込むとともに、社会の要請に応えるべく、常に安全・安心な商品・サービスを提供し、変化する社会の需要に応じた事業展開を進めてまいります。また、スピード感を持って新たな企業価値の創造に挑戦し、積極果敢に取り組んでまいります。

 また、今後も、環境問題への取り組みを企業の責務と考えますとともに、「地域社会との絆」を深めながら、お客さまや株主、お取引先の皆さま等へ感謝し、社会から信頼され、持続する企業集団を目指します。
 経営方針として、輸送の安全をはじめ、当社グループの全ての事業において「安全・安心な社会の実現」に向け、弛まぬ努力を重ね、事業の発展、躍進を遂げてまいります。

 引き続き、皆さまのご支援と、ご愛顧をお願い申し上げます。

    令和3年(2021年)5月
代表取締役会長 平尾 一彌
代表取締役社長 二階堂 恭仁